アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
類似のシミ

ファイルを開く女医

肝斑と類似する症状にシミがあります。
シミはメラニン色素などの色素が皮膚に沈着することによって、肌の表面に発現します。
シミは皮膚のあらゆる箇所にできますが、肌を常に露出している顔によくできます。
シミができる原因は紫外線によるメラニン色素の沈着や加齢によるものです。
夏場に紫外線対策をすることが大切で、紫外線対策を怠っていると、秋になるとだんだんと目立ってきます。
シミの治療は医薬品の投与や美容皮膚科クリニックでのレーザーを使った医療機器などによって治すことができます。
サプリメントの服用もシミを改善できる効果が期待できます。
サプリメントは即効性はないので、普段から継続して摂取することが大事になります。

治療の費用

肝斑は美容皮膚科クリニックで治療することができます。
美容皮膚科では健康保険証を使った保険診療はできず、全額自己診療になります。
費用については病院によって異なりますが、レーザーを使った医療機器を使用する場合は、顔全体で一回あたり3万円程度の費用がかかります。
レーザーの照射は、1回だけでは完治することは難しく、5回程度の複数回の照射が必要になります。
複数回のレーザーの照射を受ける場合は費用は割引になります。
レーザーの照射を5回受ける場合の費用は10万円程度になります。
医薬品を使って治す場合の費用は、医薬品によって異なります。
軟膏タイプの塗り薬の場合だと10グラム入りで2000円程度の金額になります。

肝斑の治療

肝斑の治療はレーザーを使用する方法が主流になっています。
美容皮膚科クリニックでレーザーが使用されたのは1970年代になります。
当時のレーザーの医療機器は大変高額でしたので、レーザーの医療機器を導入している美容皮膚科は一部に限られていました。
レーザーの医療機器は年々進歩を遂げ、価格も安くなっていき、1980年代の後半には全国の美容皮膚科に導入されています。
レーザーの技術はさらに進歩し、ルビーレーザーや炭酸ガスレーザーなども使用されるようになりました。
2000年代になると、レーザーだけでなく、フォトスキンセラピーの医療機器も導入されるところが出てきました。
フォトスキンセラピーは、レーザーとは異なる波長のIPLと呼ばれる特殊な光を照射する方法になります。

オススメリンク

手と女子の顔

シミは大敵

頬の左右同じ場所にシミができていませんか。
それは、肝斑かもしれません。
左右対称にできるという特徴があるからです。
怪しいと感じたら、ぜひ、クリニックを受診してくださいRead more

肌が気になる女

レーザーで治療

美容外科や美容クリニックでは、メラニンの生成を抑えたり、色素を薄くすることでシミの治療を行っています。
高出力のレーザーでは、強い刺激により肝斑を悪化させるために、レーザーが使用できませRead more

ヘアターバンをした女性

直し方が違う

顔に気になるシミはできていませんか。
種類によっても治し方が全く違います。
間違った方法をしてしまうと、かえってシミが大きくなってしまうこともあります。
だから、一度はクRead more

関連リンク